Manual Medicine 大場 弘 Blog 

マニュアルメディスン(徒手医学療法)は全身をトータルに捉え身体の連関性を追求する医学です。
ここではマニュアルメディスンによる治療法や、症例などをご紹介していきたいと思います。

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
6月30日 復興支援チャリティーセミナーの再度のご案内です
 

東日本を襲った大地震と原発事故から2年、

喉元過ぎれば熱さを忘れるということなのでしょうか、あのときのおもいはすっかり薄れてきています。

それでも地道に活動を続けている先生方もおられます。そうした先生方の後方支援となるように、今年も復興支援チャリティーセミナーをおこなうことになりました。
今回はPTの阿部靖先生が企画をたててくれました。そのご案内です。

 

 

【復興支援チャリティーセミナー】


稀代の治療家3人の座談会とセミナー

日時:630日(日)

内容:座談会by 伊澤勝典、本多直人、大場 弘.

・鼎談「身体呼吸療法の奥義を語る」から8年、稀代の治療家3人はなにをみつめてきたか

・実技セミナー:最近の身体呼吸療法の実技

 

時間:(受付開始9:30

10001200 鼎談「身体呼吸療法の奥義を語る」

13001750 最近の治療実技

場所:日本リハビリテーション専門学校(イセビル校舎)


参加人数:40名  参加費:20,000円(当日受付にて)

※事前の参加申し込みが必要です。申込先はEmailにて、お名前と連絡先をお知らせください。fn.manualmedicine@gmail.com

※参加者には後日、座談会の内容を原稿にしたものや写真集のプレゼントを予定しています(阿部)。

 

   身体呼吸療法のスペクタクル  クリックで挿入

<大場ワールド>

「我々は身体に触れていろいろなものを感じ取っているわけです。その基本としてみているものとなると、やはり身体の律動性のある内圧変動ということになります。それを通していろんなものを感じ取ることができるわけです。命の営みにリズムを通して共感するということでしょうね。」(身体呼吸療法の奥義を語る)

Dr.サザランドの頭蓋療法は、オステオパシの伝統を引き継いだ頭蓋と脳脊髄液がテーマで、それに第一次呼吸メカニズムという髄膜を介した頭蓋骨と仙骨の連動性を軸に原初的な呼吸運動を考えているわけです。ところが私の提唱する身体呼吸療法は、東洋的なハラ呼吸から腸管(消化器官)を介して顔面骨にいたる呼吸軸を考えています。Dr.サザランドが背面の呼吸運動を考えたのに対して、私は内臓的な呼吸運動の軸に気づかされたのです。こうした二つの呼吸運動の統合として身体呼吸を考えています。私は、医療技術として合理性のある治療法へと発展できたらと思って、いろいろと勉強しながら試行錯誤をやってきたように思います。」(研修会 談)

 

 

<本多ワールド>

「術者と患者さんの〈いのち〉の活きが引き込みあうようにして、私たちも知るべくもないような、身体という枠組みを超えて広がっている世界に出会うところに、身体呼吸療法の深さも又、あるのです。私たちは、この深みのある世界で感じる呼吸感のようなものを「場の呼吸」と呼んでいます。風に葉がそよぎ、鳥が鳴き、川は流れます。場の呼吸の世界も、それと同じなのです。あたりまえのようですが、それが、〈いのち〉の姿なのです。

患者さんの身体に静かに耳を澄ますようにして触れ、そこから音を聞き、そして更に、術者自身の身体に響いてくる音も聞き、そこから私たちは、教えられるのです。

身体呼吸、いやそれを超えた場の呼吸が、身体を照らしだします。深いところからの動きや、質感、リズムなどの全てが、身体の今を照らし出すのです。私は、場の呼吸に出会うということは、身体を再発見することであると思います。そして、最初に述べたように、私たちを包んでいる〈いのち〉の海に出会うということだとも思います。

宇宙の〈はたらき〉が、鏡のように映し出されている身体に出会うと言ってもよいかもしれません。もちろん、身体のリズムもいろいろです。でもいろいろで良いのです。そこから発見することが大切なのです。そのままの〈いのち〉の世界には、正解もありませんが、間違いもなく、良いところも、悪いところもありません。どこが良いとかどこが悪いというような“判断”そのものがないのです。全てが〈いのち〉の活きそのものの姿なのです。

身体が大きな生命に包まれて、内側から溶け出していくような広がりを感じるとき、私は意識でそれを捉えることを止めて、私と患者さんの“身体全体で作用し合う”という姿勢に変わります。理解する私から、作用する私に変わるとでも言えば良いでしょうか。私も患者さんの身体に影響されて共振しているような体験に出くわすのです。作用するものと作用されるものが、大きな命に包まれて循環的になるときに、本当の治療が生まれると私は考えます。」(日本カイロプラクティック徒手医学会 講演原稿)

 

 

<伊澤ワールド>

「はらというのは、実体はなく、ある意味、概念的な象徴みたいな部分でもあると思うのですが、今まで末期癌の方なども触らせていただいた経験と照らし合わせても、共通する感覚なのですが、はらの輪郭を感じ取ることができるのです。はらの底から湧き上がるようなエネルギーを感じるのではなく、はらの奥底の存在を感じられるとでもいうのでしょうか、生と死の揺れ動く場の間に見出すことができる不思議な感覚です。その奥底に焦点を合わせていると、ある人はどうしようもなく空虚な感触であったり、ある人はわずかながらもグッと踏ん張るような息づかいみたいなものを感じたりと非常に違いを感じます。こういった感覚はその後の経過や臨終の時の様子と比べてみると、成る程・・と思わせる部分もあり、自分の無力さからくるせつなさと相成り、複雑な気持ちになってしまいます。」(身体呼吸療法の奥義を語る)

「境界の領域はほんとに危ないんです・・・。自己が不安定だとなにか戻って来れないような感じになってしまうこともあります。 感覚の閾値が桁違いになるようです。

内圧面の壁と外圧の壁の間に、私がいった皮膚の領域の世界があります。あたりまえのように感じている時間の感覚が無い世界です。・・・この話はしてもわかるのは大谷先生くらいでした。(注:日本古来の「筋膜療法」を伝承されている大谷周作先生のこと)」

「いじめられている子供の身体を触るとそこには閉鎖空間としての身体しか感じない。・・・弱々しく、痛々しく、そして無力感をその身体の筋肉を通して感じ取ることが出来ます。・・・無力な子供の中に圧力はなく、外界に強い圧力があるのです。身体を支えているのは足ではなく、皮膚とその境界に上積みされている閉鎖性と孤独感という質を持った厚い壁であるという印象を私は持っています。」(マニュアルメディスン85号)

 

 

神経系の不思議 オートポイエーシス論
オートポイエシス
(河本英夫先生の「オートポイエシス」を参考に考察しました。)
 
生命は動きつづけ、みずからのありかたを自分自身で形成してゆきます。
動きつづけることで、同じ初期条件から異なった結果を生じさせる多様性を生み出しています。それが生命のはたらきといえるでしょう。
 
動物の個体発生は一個の細胞から開始されます。一個の細胞が分裂を繰り返しながら、しだいにさまざまな組織・器官へと分化してゆきます。同じ一個の細胞に由来するものが、一方では神経細胞になり、他方では免疫細胞になります。システムの作動を通じてひとたび特定の性質をもつ変数が入り、それによって継続的に作動がおこなわれれば、システムの作動が維持されたまま別立てのシステムが分化されてゆくのです。
 
生命の有機構成(オートポイエシス)とは、作動することによってみずからの構成要素(たとえば神経細胞)を産出し、そのことで自己の境界を定めてゆくシステムとされています(たとえば神経網となるでしょう)。
さらに、オートポイエシスはみずから産出したシステムを再産出することができるような構成素(たとえば神経網)があるとき、ただちにシステムとして作動を開始し、作動することをつうじて構成素によって作動する境界(位相空間;機能的な領域)が設定されます。
 
有機体をオートポイエシスのシステムとすると、その特徴として自律性、個体性、境界の自己決定、入力と出力の不在があるとされています。(オートポイエシスの提唱者:マトゥラ&ヴァレラ)。
 
ここで神経系をオートポイエシスとみなすことができるのか大きな疑問が出てきます。その一つが「入力と出力の不在」というところです。神経系は外界から刺激を受けて、外に向かって行動として表れますので、「境界の自己決定」「入力と出力の不在」とはどうゆうことなのでしょうか。
 
河本英夫先生は、19世紀初頭のヨハネ・ミュラーの「特殊神経エネルギー説」について言及しています。この学説の基本的な要項を次のようにまとめています。
 
  • 外的作用因によって生じさせることができる感覚は、すべて内的原因が神経の状態に変化を引き起こすことによってつくりだすことができる。
  • 同一の内的原因は、異なる感覚器官においては異なる感覚を引き起こすのであって、各の感覚器官において、その特有の感覚が生じる。
  • 同一の外的原因は、各の感覚器官の特殊な資質により、各の感覚器官において異なった感覚を引き起こす。
  • 感覚器官の各の神経に特有な同一の感覚は、いくつかの異なった原因によって引き起こされうる。
  • 感覚において感受されているのは、外的身体の質や状態ではなく、むしろ感覚器官そのものの神経の質であり状態である。
  • 各の感覚の神経は、特定の感覚だけを喚起しうるのであって、他の感覚器官に特有な感覚を感受し引き起こすことではない。
  • 大脳に含まれる神経の中枢部分が特殊感覚を感受しており、感覚器官と連結している末梢の部分は関与していない。
  • 感覚器官によって獲得された情報は、各の感覚器官でその神経の質とエネルギーの関係によってさまざまに変化してゆく。
 
この学説はきわめて斬新的です。外的な刺激にかかわらず脳は固有の活動をおこなっていることを1800年代にすでに洞察していたわけです。各の感覚器官でその神経の質とエネルギーを今日的な表現をすれば、発火頻度Frequency of Firingということになるでしょう。神経系の内部ではただひたすらニューロンの発火を繰り返しているだけで、みずからのネットワークを拡張させ、そのはたらき(位相空間)の境界をつくりだしていることになります。これまでなんどかブログの中で言及してきた喩えですが、道具を自分の手の延長とするはたらきです。
 
神経系はニューロンの発火を繰り返し、さまざまな感覚器官から得られた情報によってネットワークを産出し、自己と環境の境界を設定する位相空間(生命のはたらく領域)をつくりだしています。このとき環境はこの境界によって感知し得るもの/感知し得ないものに区切られます。感知し得るものは自己となり、感知得ないものは外界の環境となるのです。
オートポイエシスとしての神経系は、一貫してその境界を産出し続けており、その境界は変動します。普段は気にならない換気扇のモータの振動が、ひとたびそれに気づくと、その振動に悩まされるようになり不眠になる人もでてくるのです。免疫系にあっては、今まで自分の身体であったものが非自己として認識されるようになり、自己免疫疾患へと進むこともあるわけです。
 
さて、ここで問題になってくるのは、入力も出力もないというシステムが、環境とどのような関係となるのかということになります。システムは閉じており環境と区切られているわけですが、環境なくしてシステムもなく、システムもなく環境もないと言われるのです(ニクラス・ルーマン)。
 
「環境は作用関係でみれば、内部も外部もなくシステムに浸透している」と河本英夫氏は述べています。
「システムの構造はその環境を巻き込んで成立しており、環境から言えばシステムの作動に巻き込まれていることになり、こうした事態を相互浸透と呼ぶ」と山下和也氏は述べています(「オートポエーシス論入門」)。
 
相互に浸透する関係、相互に絡みあう関係と言われても、なかなか腑に落ちないところです。やはり物理的な世界と生命の違い、それは次元の違うことを一緒に語っているからでしょうか。次元の違うところで重なり合っているからでしょうか。ただ明らかなことは、身体は生命のはたらく場であり、しかも物質的でもありますので環境に巻き込まれていることです。
 
身体のなかにあって異なるシステム、たとえば神経系と免疫系となったとき、こうしたシステムの関係とは?・・、となるとますます難しい話となってゆきます。
 
有機体のシステムを考える上で、オートポイエーシスは潮流の渦として存続、発展してゆけるのでしょうか・・・
 
12月23日 マニュアルメディスン研修会のご案内
12月23日 マニュアルメディスン研修会のご案内 
※今回は多彩なゲスト講師をお招きしています。
機能神経学の第一人者であるDr. Carrickのもとで研修を受けた池田奨先生と、精神療法の分野でも活躍されている伊澤勝典先生をお招きしました。連続講座の機能神経学は午前に阿部靖先生と大場が受け持ちます。
 
12月23日(祝日、月曜)
午前の部
10:00〜11:25 
「うつ病についての最近の知見」
阿部 靖先生(日本リハビリテーション専門学校講師)
11:30〜12:55 
「心と身体;自律神経系の反応について」
           大場 弘.(大場徒手医学研究所)
 
午後の部
14:00〜15:30 
「Dr. Carrick Brain Centerでの研修報告」
           池田 奨先生(Houston Chiropractic Neurology
15:30〜17:00 
「心理的症状の軽減の技法」
           伊澤 勝典先生(璃楽院&メンタルクリニック月下香庵) 
 
資料の準備のために下記まで参加申し込みください。
マニュアルメディスン研究会機能神経学講座 (fn.manualmedicine@gmail.com)
参加費1万円(当日受付にて)
 
会場:日本リハビリテーション専門学校 イセビル校舎
http://www.nitiriha.com/about_school_access
 

 
 
沈みゆく大国 アメリカ
オバマケアの現実
 
私もアメリカに留学していた時期がありましたので、医療保険を持っていない人達のたいへんさは身にしみて感じます。たとえ裕福な親であっても子どもには自分の力で大学にゆきなさいという国ですから、他人の医療費まで負担するような国民皆保険の導入には共和党からの激しい抵抗が続いていました。それがようやくオバマ大統領によってなされたわけで、オバマケアと呼ばれています。
日本の国民皆保険はだれも平等に医療を受けることにできるために、国がおこなっている保険です。ところがアメリカではこの皆保険を、国がおこなうのではなく大企業である民間の一部の保険会社に委ねてしまっているのです。国は国民全員保険に入りなさい、そうでないと罰金を課すというのです。今、アメリカでは大混乱を招いていると、一時帰国の患者さんも話してくれました。
女性のジャーナリスト(提未果Tsutsumi Mika)が書いた「沈みゆく大国 アメリカ」には驚くべき実態が書かれています。オバマケアが皆保険は資本主義における利益を最大限得るための商品となってしまっているのです。そこにリーマショックを引き起こしたサブプライムローンの仕掛け人がその制度設計に深く関わったというのです。低所得者層に貸し付けるローンへの投資を証券化され金融商品として世界中に行き渡りました。結局、住宅ローンの債権不良化という事態から世界的な経済危機をもたらしたのはつい最近のような気がします。その彼らが今度は医療の分野で巧妙に仕掛けたのです。オバマは理想を掲げて医療改革をなしたのでしょうが、その複雑な仕組みは理解していなかったのでしょう。大企業の保険会社や製薬会社からの資金とロビィストの活動によって政府は手玉にとられたのです。各自が支払うべき保険料から自己免責の額まで保険会社の思いのまま、それに薬価も製薬会社の思いのままで一粒10万円という薬まであるというのです。保険会社からの請求額を初めて見て愕然となってしまっているというのです。
また、病院サイドには医療費支払いのために課せられた請求資料作成の複雑さと、支払いを渋る保険会社との軋轢から、医療現場はたいへん混乱し、低所得者や高齢者向けの保険を制限するような事態になっているといいます。もっとも恩恵を得るはずであった無保険者だった貧困者層には、保険があっても相変わらず行き着く先はERしかなさそうなのですが・・・。
「沈みゆく大国 アメリカ」(集英社新書)を読んで、国も政治家もそれにマスコミも、大企業からの仕掛け人達によっていとも簡単に丸め込まれ、嘘はつかないまでも良いところだけしか語られていないことを改めて印象づけられました。
 
日本はこれからも国民皆保険によって守られてゆくのでしょうか。ウオールストリートの仕掛け人達は虎視眈々と日本の市場を狙っているようです。