Manual Medicine 大場 弘 Blog 

マニュアルメディスン(徒手医学療法)は全身をトータルに捉え身体の連関性を追求する医学です。
ここではマニュアルメディスンによる治療法や、症例などをご紹介していきたいと思います。

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
沈みゆく大国 アメリカ
オバマケアの現実
 
私もアメリカに留学していた時期がありましたので、医療保険を持っていない人達のたいへんさは身にしみて感じます。たとえ裕福な親であっても子どもには自分の力で大学にゆきなさいという国ですから、他人の医療費まで負担するような国民皆保険の導入には共和党からの激しい抵抗が続いていました。それがようやくオバマ大統領によってなされたわけで、オバマケアと呼ばれています。
日本の国民皆保険はだれも平等に医療を受けることにできるために、国がおこなっている保険です。ところがアメリカではこの皆保険を、国がおこなうのではなく大企業である民間の一部の保険会社に委ねてしまっているのです。国は国民全員保険に入りなさい、そうでないと罰金を課すというのです。今、アメリカでは大混乱を招いていると、一時帰国の患者さんも話してくれました。
女性のジャーナリスト(提未果Tsutsumi Mika)が書いた「沈みゆく大国 アメリカ」には驚くべき実態が書かれています。オバマケアが皆保険は資本主義における利益を最大限得るための商品となってしまっているのです。そこにリーマショックを引き起こしたサブプライムローンの仕掛け人がその制度設計に深く関わったというのです。低所得者層に貸し付けるローンへの投資を証券化され金融商品として世界中に行き渡りました。結局、住宅ローンの債権不良化という事態から世界的な経済危機をもたらしたのはつい最近のような気がします。その彼らが今度は医療の分野で巧妙に仕掛けたのです。オバマは理想を掲げて医療改革をなしたのでしょうが、その複雑な仕組みは理解していなかったのでしょう。大企業の保険会社や製薬会社からの資金とロビィストの活動によって政府は手玉にとられたのです。各自が支払うべき保険料から自己免責の額まで保険会社の思いのまま、それに薬価も製薬会社の思いのままで一粒10万円という薬まであるというのです。保険会社からの請求額を初めて見て愕然となってしまっているというのです。
また、病院サイドには医療費支払いのために課せられた請求資料作成の複雑さと、支払いを渋る保険会社との軋轢から、医療現場はたいへん混乱し、低所得者や高齢者向けの保険を制限するような事態になっているといいます。もっとも恩恵を得るはずであった無保険者だった貧困者層には、保険があっても相変わらず行き着く先はERしかなさそうなのですが・・・。
「沈みゆく大国 アメリカ」(集英社新書)を読んで、国も政治家もそれにマスコミも、大企業からの仕掛け人達によっていとも簡単に丸め込まれ、嘘はつかないまでも良いところだけしか語られていないことを改めて印象づけられました。
 
日本はこれからも国民皆保険によって守られてゆくのでしょうか。ウオールストリートの仕掛け人達は虎視眈々と日本の市場を狙っているようです。
スポンサーサイト
- | 11:58 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。