Manual Medicine 大場 弘 Blog 

マニュアルメディスン(徒手医学療法)は全身をトータルに捉え身体の連関性を追求する医学です。
ここではマニュアルメディスンによる治療法や、症例などをご紹介していきたいと思います。

<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
12月23日 マニュアルメディスン研修会のご案内
12月23日 マニュアルメディスン研修会のご案内 
※今回は多彩なゲスト講師をお招きしています。
機能神経学の第一人者であるDr. Carrickのもとで研修を受けた池田奨先生と、精神療法の分野でも活躍されている伊澤勝典先生をお招きしました。連続講座の機能神経学は午前に阿部靖先生と大場が受け持ちます。
 
12月23日(祝日、月曜)
午前の部
10:00〜11:25 
「うつ病についての最近の知見」
阿部 靖先生(日本リハビリテーション専門学校講師)
11:30〜12:55 
「心と身体;自律神経系の反応について」
           大場 弘.(大場徒手医学研究所)
 
午後の部
14:00〜15:30 
「Dr. Carrick Brain Centerでの研修報告」
           池田 奨先生(Houston Chiropractic Neurology
15:30〜17:00 
「心理的症状の軽減の技法」
           伊澤 勝典先生(璃楽院&メンタルクリニック月下香庵) 
 
資料の準備のために下記まで参加申し込みください。
マニュアルメディスン研究会機能神経学講座 (fn.manualmedicine@gmail.com)
参加費1万円(当日受付にて)
 
会場:日本リハビリテーション専門学校 イセビル校舎
http://www.nitiriha.com/about_school_access
 

 
 
スポンサーサイト
- | 19:06 | - | - | pookmark
コメント
from: Ikeda Susumu   2013/12/13 9:42 AM
大場先生

23日のプレゼンテーションの目安が少しずつで出来上がりました。
Carrick Brain Centerで診ている患者さんのことと、実践されている機能神経学的アプローチについて、あとTBIの患者さんが多いので、TBIのメカニズムについても少しお話させて頂こうと思っております。

それではもうすぐお会いできるのを楽しみにしております。

池田
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。